工事無事完了しました。

 

現場代理人 高田です。

8月31日、9月1日、工事のメインイベントともいえる完成検査を無事に終えることができました。

 

 

平成27年11月に工事を開始し1年9ヶ月、約2年が経過しました。その間には様々な問題や出来事がありましたが、全国から集まってきた職員や協力会社のみんなと話し合い励まし合いながら、発注者の皆さんと議論しながら、また時にはお叱りお受けましたが、親切に色々な事を教えていただいた地域の皆様との協力で工事が完成しました。ありがとうございました。

私は、初めての東北地区赴任だったので、どれぐらい寒いんだろう、どんな所なんだろうと心配でしたが、赴任した田老地区の雰囲気は九州と似た感じで、また地域の皆さんもお話しすると親しみやすい方ばかりで大変生活しやすかったです。

ただ、2回冬を越しましたが、冬の厳しい寒さ(特に一日を通して氷点下の日)には慣れることはありませんでした。また、夏の涼しい気候に慣れてしまったので、次に赴任する九州熊本現場の暑さに耐えられるか心配です。

田老漁港の近くに宿舎があったので、会社の上司に教えてもらいながら釣りを始めました。漁港で釣りをしていると猫がやってきて、釣った魚の写真を撮ろうとした隙に持って行かれたこともありました。

獲物をねらう猫

 

釣った魚を何度か持ち帰りさばいて料理もしてみましたが、さばくのが大変で料理しているだけでおなかいっぱいでした。

釣った魚

 

フライ

 

現在の田老地区には野球場ができたり、新道の駅たろうがオープン、高台に住宅が建設されたりしています。今回工事を担当した田老地区は、今年度の道路開通を目標に舗装工事等が続いています。道路が無事開通し皆様の復興にお役に立てることを願っております。ありがとうございました。

 

 

 

広告

かわらばん39号、40号

 

工事の進ちょく状況やさまざまなトピックを発信する「宮古田老道路かわらばん39号」、「宮古田老道路かわらばん40号」が発行されました。

40号には先月で協議会会長を交代した平尾所長のコメントが掲載されています。

 

是非ご覧ください。

 

 

 

 

平成29年7月の進捗状況です。

 

平成27年11月から始めた工事も21ヶ月が経過し、現場内の作業が7月末で全て完了しました。

 

重津部地区No.842+10~867

 

重津部地区No。882

 

重津部地区(市道)

 

向新田地区No.910

 

向新田地区No.920~936

 

向新田地区No.936~975

 

途中、雪や平成28年台風10号災害等もありましたが、無事無事故で工事が完了しました。

〈除雪の様子〉

 

 

〈台風10号復旧、清掃〉

 

 

 

現場事務所も解体中です。残りの工期1カ月間は、宮古市内にある仙台支店宮古営業所で書類整理、検査準備を進めます。

 

 

 

感謝状をいただきました。

 

現場代理人高田です。

 

7月3日(月)に宮古警察署で、4月25日の消火協力に対する感謝状贈呈式があり、代表して平尾所長が出席しました。

 

感謝状をいただく平尾所長

 

 

当社のほかにも警察活動に協力された個人、団体の方々もおられ感謝状の贈呈が行われました。

 

 

感謝状

 

 

 

平成29年6月の進捗状況です。

 

6月6日に重津部地区No.842+10~867(施工延長2276mのうち497m)、6月20日に向新田地区No.920~936(施工延長2276mのうち320m)の引き渡しが完了しました。

 

重津部地区No.842+10~867

 

向新田地区No.920~936

 

 

残りの工区も工事終了に向けて工事を進めています。

重津部地区本線部は整形中です。

 

 

青野滝地区、本線No910付近は掘削、排水工実施中です

 

工期まで残り1ヶ月となりました。無事故で工事完了できるよう頑張ります。

 

 

 

かわらばん36号37号

 

工事の進ちょく状況やさまざまなトピックを発信する「宮古田老道路かわらばん36号」「宮古田老道路かわらばん37号」が発行されました。

36号には当現場の現場紹介、平尾所長のコメントが掲載されています。

平尾所長は4月から宮古田老道路安全協議会の会長になりました。

37号には工事現場見学会の様子が掲載されています。

 

是非ご覧ください。

かわら版36号1 かわら版36号2

 

かわら版37号1 かわら版37号2